好きな国にいくための資金が本気で欲しいと思う時の瞬間

好きな国にいくための資金が本気で欲しいと思う時の瞬間

自分の人生においてきちんとした考えを持って素敵な人生を楽しんで行きたいと考える方は大変多いのではないのでしょうか。お金はいつの時代においても多くの方にとって大変重要な要因となります。しかし、人生において稼げる金銭には多かれ少なかれ上限があります。自分の収入の範疇で自分の好きな事を行っていくのが当然の事ですが、特に海外旅行は多くの方にとって大変多くの費用的な負担を強いるので、このような時にはお金があれば大変便利で素敵な人生を送れるのではないのかと本気で考える事が多くなってきました。自分の収入をいかにして上手く使って多くの金銭的な余裕を自分で持っていけるかどうかは大変重要な事です。旅はその人の人生において大変重要な事となりますが、自分の好きな旅行は旅費から滞在費まで、大変多くの金額が発生するので、その分、大変多くの金銭的な負担がかかるのが当然です。自分の好きな事にきちんと投資を行って自分の人生をより素敵にしていく事は多くの方にとってとても重要な事なのですが、いかにして自分の効用を高めるかはとても重要な事となるのです。自分の好きな事を行っていくには多くの金銭的な余裕が大変重要な事となるのです。自分の好きな事を行っていく事は誰にとってもとても素敵な要因となるのですが、それをいかにして満足のいくものとするかはとても重要な事となるのです。私は若い頃から欧州のカルチャーに非常に高い関心を持っていましたので、そのような点からしても自分の好きな事を行っていくためにはいかにしてその為に必要な金銭を捻出するかは大変重要な事となるのです。その為に必要な資金として時に100万円程度が自分のところに転がり込んでくれば大変素敵な人生が待っているのではないのかと真剣に考える事も多くなります。自分の好きな事をいかにして行っていけるかどうかはとても重要な事となるのです。自分らしい人生をいかにして満足させるかはこのような自分の好きな事をいかにして楽しんでいけるかどうかと大きく関係してくるのです。常い最前線の楽しみを自分自身に与える事はとても重要な事となるのです。是非、素敵な時間を送る事を考えていきましょう。よリ素敵な旅はその人の人生をより素敵な体験を行っていくには最高の環境をいかにして金銭的に満足させながら行っていけるかどうかが大変重要な事となるのです。是非、自分の素敵な人生の為に素晴らしい時間を過ごす事を考えていきましょう。時には宝くじでも当たれば人生をもっと素敵にエンジョイできるかなと真剣に考える事も多いのですが、やはり現実に地をつけて自分の人生を送っていく事がとても重要な事なのだと感じて自分らしい人生をどんどん楽しんでいく事を考えていきましょう。

いつでもお金はほしい!でも特に乗馬のためのお金があったらなあ。

いつでもお金はほしい!でも特に乗馬のためのお金があったらなあ。

基本的にいつもお金が欲しいなあと思っています。
お金はあったらあるだけいいというわけではなくて,何かを買うときにはいつも「これを買うだけのお金が欲しいなあ」と思います。
たとえば,何かペットボトルを買うときにも,130円払うときに「130円欲しいなあ」と思います。
食料品を買うときも,洋服を買うときも,雑貨を買うときもそう思うんですよね。
固定費を払うときも同じです。電気代,水道代,通信費などを払う,もしくは引き落とされるときに「この分だけお金が欲しいなあ」と思います。
もちろん,一般的には,たとえば海外旅行に行きたいだとか,ブランドものなどの高い洋服や靴を買うときに,その分のお金がないときに「お金が欲しいなあ」と思いますよね。
それは私もあります。
ですが,それを買うだけのお金があるにも関わらず,「お金が欲しい」と考えてしまうのです。
ある意味で,お金はあったらあるだけいいと思っているのかもしれません。
それでも,たんまり貯金をしようとは思っていないんですよね。おそらく,欲しいものが多かったり,性格的にある程度余分に持っていないと不安になってしまうからだと思います。それと,本業に加えて副業でちょこちょこお小遣いを稼いでいるので,ちょっとした日用品なんかや食料品を買うときには,副業のことがちらついてそう思ってしまうのかもしれません。
今お金があったらいいなーと思うのは,最近趣味で乗馬を始めたので,そのグッズやライディングチケットを買うためのお金があったらなあと思います。
いわゆる趣味のためのお金ですね。ライディングチケットというのは,馬に騎乗するためのチケットのことです。
乗馬はやはり習い事としてはお金がかかります。
月謝で月に1万5000円。これは馬のえさ代やクラブの運営費用です。
また,月に一回2時間乗ったとして,ライディングチケットに1万5000円かかります。
合計で月額3万円です。
さらに,乗馬用品をそろえなくてはなりません。レンタルという手段もありますが,それもやはりお金がかかります。
乗馬用品は高いですよ。ブーツやキュロット,ヘルメットにグローブ,鞭などを買う必要があります。
安く手に入れようと思えば手に入れられるのですが,それでも合計で5万円ぐらいはかかってしまいますからね。
クラブの中には,全身エルメスでそろえているような方もいらっしゃいます。上から下まで総額100万ぐらいですかね。さらに,馬に装着する鞍や鐙も自前のものを使っている人もいますから,一体全体乗馬にいくらかけてるんだと思います。
私はそこまでは要求しませんが,今は月にもう5万円あったら,趣味も生活も余裕をもって送れるのになあと思いながら,その方法を日々考えているところです。

日々の生活の中で、お金がほしい!と思う瞬間

日々の生活の中で、お金がほしい!と思う瞬間

必死にポイントカードのポイントを貯めたり、クーポンを丁寧に保管しておいたり、コンビニで買うよりも安いためにわざわざ遠くのスーパーに買い出しに行ったり。お金を無駄遣いしないために様々な工夫をしながら、時には好きなものを我慢したりと、使いたいだけ好きなだけお金が使える人はなかなかいないと思います。無駄遣いをせず出来るだけ節約を心がけることはとても大事なことだと思いますが、欲しいものを欲しい時に好きなだけ買いたい、という気持ちは少なからず誰もが持っている気持ちなのではないか、と思います。普段の生活の中で、「お金が欲しい」と思う瞬間をいくつかまとめてみました。
たとえば、海外ドラマや海外セレブのドキュメンタリーなどで、セレブな生活を目の当たりにしたとき。アメリカのニューヨークなどのおしゃれな街で有名ブランドの服やアクセサリーを身につけて思いっきりおしゃれをして歩いていたり、大きな家に住んで家にはお手伝いさんがいたり、はたまた綺麗で広いホテルで生活していたり、迎えの車が大きなリムジンだったり登場人物が綺麗なドレスを着て参加している豪華なパーティーなどのシーンを見ると、こんなセレブな生活が出来るくらいお金持ちになれたらな、と憧れます。
また、雑誌などで海外セレブの生活が特集されている際に、彼らの乗っている高級車や自家用ジェット、土地も広くてプールもあるような豪邸を見ていると、こんな生活ができるのはどんな気分なんだろう、と感じます。
ホストやキャバクラで何百万円もするようなお酒を注文して豪快に飲む、ラスベガスのカジノで思いっきり遊ぶ、また競馬好きなのが高じて馬主になった有名人など、普通の生活をしていたらなかなか手を出すことができない娯楽を目の当たりにすると、そういった遊びを思う存分してみたい、という気持ちになったりもします。
億万長者や海外セレブ、といった世界の話や高級ブランドの服やアクセサリーへの憧れだけれはなく、普段の生活のちょっとした瞬間にも、お金がほしいと思う瞬間は多々あります。エステや化粧品などの美容、また習い事など自分磨きにかけるお金を惜しみたくないし、時には一人旅に思い切って出かけたり、新幹線や飛行機でもいつもよりもワンランク上の席に座りたい、一流ホテルに泊まってワンランク上のサービスを受けたい、友達といつもよりちょっと贅沢なレストランで食事をしたい、日々の生活の中でいつもよりもちょっと贅沢をしたいな、と思う時にも、お金が欲しいと感じます。生活の中で、出来るだけ無駄遣いはしないように心がけることは大切ですが、自分磨きに使うお金を我慢したくないし、時には贅沢をして人生を楽しむために自由に使えるお金が欲しい、と思います。

お金があると人生変わるんだろうなあと思いながら生きています

お金があると人生変わるんだろうなあと思いながら生きています

私は金運が全くないので 50歳過ぎた今でも余裕のある生活はしていません。
昔からお金があったらなぁ~といつも思いながら生きてきた様な気がします。
最近中学2年の孫がクラブチームでサッカーをしているのですが
お金が凄くかかる事にびっくりしています。
もちろんお金に余裕のある家庭の子供が多いので
それくらい普通なのかも知れないけれど、
私は毎回遠征費用を聞いては驚いています。
そこでちょっと思った事ですが
子供は親を選んで生まれて来れないから、生まれて来た家がお金持ちか貧乏かで
その子の人生が大きく変わるのでしょうね。
芸能人の方のブログを見ていると習い事を小さい時から沢山やってたり
習い事の為に、ヘリコプターで移動等の記事を読むとなおさらお金があるってだけで
その子の人生の選択肢が広がるなぁと感じます。
仮に実力があっても金銭的理由で夢を諦めている子供がいる事も事実。
実力がなくてもお金があれば英才教育受けられて
その子はまたお金に困らない人生を送るのだろうなあ。
なんてちょっとやりきれない思いを抱いたりしています。
孫の両親は、つまり私の娘夫婦はけっして裕福ではないけど
孫のサッカーの為ならお金を惜しみません。
そのために節約する所は節約して、夫婦で頑張って働いています。
そんなに無理してサッカーさせなくても!と私が言うと
やりたい夢があるなら それを全力で応援したいから。と言う返事が帰ってきます。
その思いは私も同じ。
孫の為にスパイス買ってあげたい。
美味しいものを食べさせてあげたい。
たまに遊びに出掛ける時には、さっとお小遣いをあげたい。
いつもそう思っています。
残念な事になかなか余裕がなくて一年に何回しか実行出来ていませんが‥。
だから今は可愛い孫の為に自由に使えるためのお金が欲しい。
孫の為にがんばる娘夫婦を旅行にでも連れて行けるお金が欲しい。
ずっと私が迷惑や心配かけている姉を温泉に連れて行けるお金が欲しい。
そう考えると100万円くらい臨時収入が欲しいです。
今の生活で100万の臨時収入なんて無理なので
宝くじでも買って当たる事を期待するしかありません。
お金があっても不幸な人もいるし、貧乏でも愛情深い利用者に囲まれて
幸せな人も知っています。
お金だけが幸せのバロメーターではないとは思いますが
やっぱりお金は無いより有る方が良い。
特にお金に泣かされてきた私にとってはお金は大切なものです。
これから生まれて来る子供たちが
生まれて来た家がお金持ちとか貧乏とか関係なしに
皆平等に才能を伸ばせる世の中になるといいなぁとつくづく思います。
才能があっても、頭が良くてもお金がないからの理由で
夢を諦める子供が一人でも減るように
そんな世の中になります様にとおばあちゃんは願っています。

もしもお金があったならば、旅行にたくさん行きたい!と日々妄想しています。

もしもお金があったならば、旅行にたくさん行きたい!と日々妄想しています。

海外旅行が好きな私は、旅行情報をこまめにチェックしています。
テレビを見ているとき、雑誌を読んでいるとき、友人と会話しているときなど、ふとしたときに、旅行に行きたくなって、妄想が膨らんでしまうのです。
旅行といえばお金がかかるものなので、そんなときはやはり、今もしたくさんお金があったらなあ、と思います。
テレビではハワイやフィジーなどのリゾート地の特集をしていることも多いですよね。
ホテルは1泊10万円ほどのスイートルーム、豪華な食事にオーシャンビューなんて、憧れてしまいます。
リゾート地で可愛い飲み物を手に、のんびりしたり思う存分お買いものをしたり、欲は際限なくあります!
私は最近は、スペインのイビサに行ってみたいと考えることが多いです。
旅行は自分の計画次第でいくらでもお金をかけることができてしまうので困ります。
1番安く行くならば、まずシーズンオフの時期を選び10万円以内の安い飛行機を探します。
ツアーなどは使わず、現地の安いホステルやゲストハウスを自分で探し、バックパッカーのように旅の計画を立てます。
旅先でも現地の方と同じような食事をし、交通手段も同じようなものを選び、観光客向け価格になっているものを避けて。
これはこれでとっても楽ししい旅ですが、たまにはお金をかけた旅にも憧れます。
オンシーズンに、飛行機はビジネスクラスを使ったり、現地でもラグジュアリーホテルに泊まって、専用タクシーで移動したりもしたいものです。
ひとまず一回の旅行につき200万あれば、今と比べてかなり豪華な旅ができるな、と思います。
私が今後行ってみたいところは、スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、トルコ、ハワイ、アメリカ、ペルー、メキシコ、ロシア、スウェーデン、フィンランド、エストニア、ノルウェー、オランダ・・・・
とにかくたくさんあるのです。今挙げただけでも15か国あります。
そうするとちょっと豪華に1か国200万円の旅行をするならば、3000万円は必要になるなあ。
あとは、半年くらい豪華客船で周遊、なんてプランにも憧れています。
豪華客船の中でカジノがあったり、サーカスやコンサートが開かれていたり、なんて素敵ですよね。
そして国内旅行もたくさんしたいです。沖縄でラグジュアリーな旅行をしたり、リゾートホテルに長期滞在したり。
旅行先での観光、買い物、お土産探し、食事など、全部理想を叶えられたらなあ、とついつい妄想してしまいます。
きっとこれらを叶えるならば、旅行だけで1億くらいは必要になってしまいますね。
一生かかっても実現できるかわからないですが、人生一度きりなので実現したいものです。
こうやって妄想しては、お金がほしいなあ、宝くじ当てなきゃなあ、その前にまず宝くじ買わなきゃだったなあ、と考えるこのごろです。

お金が欲しいと感じる事と衣食住を考えてみる。

お金が欲しいと感じる事と衣食住を考えてみる。

お金の有無というものは、生活することにおいて、多い少ないは別としても必ず必要になるものであり、自分らしい生活をするためには、必ずと言っていいほど必要になるものであると思います。
さてそんなお金がどのように欲しいと感じるかという問題についてですが、まずは衣食住の3点は生活するうえで考えなければなりません
洋服や装飾品を充実させるというのは自分らしく生きる上でも重要で、人は成長していくにつれ好みの服装が変わったり、恋人や友人にあわせ変えたりするという方も居るのではないかと思います。
そして服は季節によって防寒や紫外線対策などにも役立ち
欲しい商品があるが予算的に厳しく泣く泣く諦め無ければならない、そんな体験ありませんか?
そんなとき思うのがお金が欲しいなーという思いではないかと思うんです。
服に限った話では無いのですが、センスが良かったり丈夫だったりするものは、自ずと値段も高くなり予算を圧迫してきます。
だからといって服を買わず裸で生活するわけにもいかないので洋服を買うためにお金を使い、そして充実させるためにお金が欲しいと感じます。
次に食ですが、生きる為にも必要な行為です。そんな食べるという行為ですが基本的にみなさん毎日朝、昼、夜に3食、食べるのではないかと思いますが、必要な栄養だけとれればいいと味気ない食事が続くのは嫌でやはり美味しいものを食べたいと思うのではないかと思います。
朝食は1日のエネルギーを作る上で重要で、仕事や勉強の効率を上げる為にもしっかりと食べたいものです、日本人としては朝にご飯、味噌汁、納豆、焼き魚、卵焼き等といったメニューを思い浮かべるか、パンに卵料理、サラダ等の方もいるかと思います。
人それぞれ好みはあるかとは思いますが、朝食を例としてあげましたが、朝食に限った事ではなく、食べるという事は重要な行為であるが、無料ではありません。
頑張った日の食事を豪華にしたりデザートをメニューに追加したりと、食べるという事は一つの楽しみであると思います、そして美味しいものを食べたいからお金が欲しいと感じるのではないでしょうか。
人によっては食べることは生きる為の行為であり楽しみを見出す必要性がないと感じ、栄養剤と軽食だけで過ごす人もいると思いますが、その栄養剤を購入するためにもお金が必要で無料で手に入るものでは無いので、そういった点でもお金が欲しいと感じると思います。
そして、住です。
雨、風、暑さ、寒さから我々を守ってくれるのが家という存在です。
家と一口で言ってもマンションのようなタイプや一軒家などのタイプがありますよね、マンションでも契約して家賃を支払うのか、購入することもできるので一口ではなんとも言えないものです。
一軒家の場合でも建てる時もお金が必要ですし、建てた後も税がかかるため、やはりお金と切り離して考えるのは難しいと思います。
家は自分もそうですが家族を守るためにも欠かせないものです、だからこそお金を使いより良い環境を作りたいと考えるものでしょう、しかし簡単にいかない場合もあります。
どの場合にもいえるのですが家を手に入れて苦労するのがご近所付き合いではないかと思います。
仲が良いにこしたことはないのですが、そう簡単な問題ではないのが現実だと思います。
どうしても相性があり、耐えられないなら引越しなども視野に入れ検討する必要があるでしょう、そうなるとやはりお金が必要であり欲しく感じてしまいます。
衣食住は人としての生活をするうえで、切り離せない要素であり、そしてどれも無料で手にできるものではありません。
人は良い服を着て、良いもの食し、良い場所で生活ができて初めて趣味などにお金を使う余裕がでると私は思っています。
故に、人は少なくとも自身の妥協できる点までは衣食住にお金を使う必要があり、欲しいと感じるものだと思います。

お金が欲しいと思うときお金の必要になる場面お金と社会

お金が欲しいと思うときお金の必要になる場面お金と社会

お金が社会での必要を満たすときの条件として、お金が持つ役割が社会的にどんな風にして行う取引関係、社会関係によって成り立つものか考えることができるお金を取り巻く社会理論の関係を考えることができるとおもいます。社会では、お金によって媒介として取引関係によって構築されるそれぞれの経済関係がありますが、社会において行う取引きの実体として、社会が持つ交流の手段としての社会的空間においてそれぞれの方法から考えられる人間関係や、コミュニケーションを成立させるための方法として媒介とする交通の用法をとしての、お金の関係を利用することが必要になります。それぞれ社会的な交通を実現するための方法として、社会にあるそれぞれの関係を成り立つためには、それを充足するための方法としての社会的方法としての、充実した社会組織の形成が必要になります。原始的な段階における取引においてお金の成立を考えることができますが、貨幣を媒介とした取引関係の成立に必要となる社会関係の成立として、お金が持つ効果によってそれぞれのものに関する取引を成立させることは、社会が経済的に発達した社会組織によってそれぞれの場面における取引や、それに基づく生活の手段としての、経済関係を成立させることによって、生産関係を社会的段階において充足した、貨幣によって媒介とした産業社会の成立をすることによる、社会関係の完成を考えることが必要でした。社会においてそれぞれの段階における交通は、それぞれの社会における媒介とさせる要素を、社会的な効用によって成立した社会的交通の手段として、取引関係が持つ実体としての関係を、貨幣経済を媒介とした、社会組織に転化し、価値の完成をすることによる社会関係の実現を成功させることに特徴がありました。貨幣があることによって交通を媒介とする要素の、取引関係が、成立し、社会的な実体としての貨幣に媒介された流通、生産、消費が成立したことに特徴があります。経済社会における取引や、社会交通を実現することは、そのような貨幣などに代表されるお金の機能によって維持された実体的な経済関係を成立させることによって社会が行うとりひき関係や、実体的交通を貨幣としての物質的な交換によって実体化、具現化された貨幣装置としての価値による実現をすることが可能な社会の成立をすることによって成り立ちました。社会装置としての、交通におけるそれぞれの媒体や、その貨幣の維持は、お金の機能を実現するために必要となる組織における交通の関係として、経済組織を維持することによって社会を経済資源によって維持された社会段階へと、移行させ、社会的発達をした、それぞれの新種の人間関係による商業や、経済による交通を可能にした世界の出現をしました。

生活の自由度数イコールお金だよね。結局。

生活の自由度数イコールお金だよね。結局。

今とても、お金が、欲しい。
それは体調が悪いから!
お金があれば家事をサボることができる。
外食を選ぶことができる。
お金がなければたとえ外食を選んだとしても、
どちらかといえば、健康を気遣った店で、食べるのは難しい
若い頃は、お金がこんなに生活に対して大切なものだと思っていなかった。
病気をして
手術をしてお金がかかる。
個人病棟を選ぶにあたり、プラスのお金がかかり、
子供の習い事の希望を聞いてあげることにお金がかかり、
人の一生はお金のかかることばかり。。。。
この辺は、歳とともに、悲しい位、感じ始めている。
若い頃、
お金が欲しいなぁと思う瞬間というのは、
少し手が届かない値段の、可愛らしいワンピースを見た時や、
ブランド物のバックが欲しかった時、
そういった物欲に関してのものが多かった。
じゃぁその分頑張ってアルバイトしちゃおう!
とか、がんばりの活力源になった。
何とかしてきた。
でも現在体調が良くない。
そう現在、私がお金を欲しい理由は、
生活を、自分の体を、
楽にしたいのだ。
お金のある生活はストレスが溜まりにくいと思う。
旅行にも行きたい。
旅行に行けば、
家事はしなくて良い。
主婦の本当の、お休みだ。
365日、気がつけば全く休んでいない。
でも家族で行けばかなりのお金がかかる。
住宅ローンもある。
そんな時思う。
宝くじ当たらないかなぁと。。。
いやいや何も 2億円、なんて高望みはしていない。
100万円で良い!
そのお金を少し貯金して、
後は毎月、自分の自由度を増すための心の余裕にあてたいのだ。
ちなみに、
よくある家庭だと思うが、
もし一億あたったらどうする?
などなど、家族でお互いの意見を出し合い
盛り上がり、
時に本気になり
お互いにケチだなぁとか文句を付けあい、
でも結局当たるわけないんだから!とみんなで慰めあい、
あたっても誰にも言っちゃっダメだよ!と念を押しあい、
ありもしないことで話をしめる。
実際は、当たらない確率のたかい宝くじを買う事もなく、
全く夢物語の話をしているわけですが。。。
買わなきゃ当たらないんだから!

ジャンボ宝くじの時期は、
自分は買わないが、誰かが買うようにと、
毎年同じことを
家族の誰かが言っている。
でも、お金と言うのは、
難しい相手
たくさんあればたくさん使う。
ちなみに、私が、
お金があると、一番幸せを、感じるのは、
どこかに行けることだと思う。
いつもと違う場所に行けるのは、
本当に幸せを感じる。
違う場所に行って自分をリセットできる。
そしてまた頑張ろうと思える。
だからやっぱりお金は、本当に必要だなぁと実感するわけです。
お金がない時って夫婦の喧嘩が耐えませんからね。
うちの母がよく言っていました。
お金はありすぎても、なさすぎても困るものなのよと。

ほしいものは常にあるので常にお金がほしいです。

ほしいものは常にあるので常にお金がほしいです。

私はファッションやメイクに興味があるため、毎月何かを買ってしまいます。そのため、ファッションやメイクに掛ける費用は毎月かなり高く、もっとお金があればもっと買えるのにと常に思っています。ファッションはお気に入りのブランドがあり、毎日そのブランドの公式HPはブログをチェックして新作を見ているのでほしいものが増える一方です。気になったものはとりあえずお気に入りに入れて、給料が入るタイミングでお気に入りの中から値段と相談しながら毎月、2.3着ほどしか買えていません。
メイクに関しては、年齢のこともありそろそろ高めの物を使っていかないとなと思っているので、少しずつ利用料金が上がっています。特にスキンケアからベースメイクまでは、一つのブランドでライン使いをしているため、かなりの浪費となっています。ほかにも、ポイントメイクはもっと高いいろんなブランドを試したいという願望から一つ別の店で購入してみると、その商品がすごく良かったため、また買いたいなと思うのですが、そこまでお金が回りません。各デパートのポイントカードもためているのですが、なかなかポイントがたまらず、ほしいものが安く手に入りません。
また、現在年齢に見合った時計もほしいと思っているのですが、数十万というお金を出してしますと一気に貯金がなくなるため、夢のまた夢という感じで終わっています。
そして、年内で仕事も辞めることになったため正直収入源がなくなります。毎月上記に記載したように、ファッションをメイクにお金をかけているため、今まさにお金がほしいと持っているのです。だめもとで宝くじを買ってみましたが、残念ながら当たらずでした。1億や2億がほしいのではありません。10万20万ほどでもいいのです。
それくらいさえお金が入れば、半分は貯金をしてもう半分は自分の好きなことに使えるのです。
もっと欲を言えば100万円くらい宝くじで当たれば、親にも少し渡して、やはり半分は貯金、そして旅行なんかも行きたいですね。普段から旅行にはあまり行くようなタイプではないのですが、お金さえ手に入れば旅行に行きたいなと思います。海外に行ければ一番いいのですが、そこまでしなくても国内でいろんなところを観光してみたいです。
ほかにも、正直仕事で毎日疲れているので、マッサージも行きたいです。マッサージも何度か通うようになるのではない方思うのでそのためにもお金が必要です。
また、最近ニュースになっている乳がんや子宮がんの検診も浮けたいです。
上記に記載した通り、年内で仕事を辞めるのですが、次の就職先に面接に行くためのスーツなんかも実は持っていません。スーツ上下、バッグ、パンプスとそろえるとなると10万くらいは行きそうな気がするため、本当に、まさに今私はお金がほしいのです。

結婚すると独身時代よりも自由に使えるお金が無い

結婚すると独身時代よりも自由に使えるお金が無い

お金があったらもっと海外旅行に行くのになぁ。と思います。
私の趣味は昔から旅行で、中でも世界遺産やヨーロッパが好きすぎて、
世界遺産検定の資格を所得したり、学生時代にドイツやスペイン、イタリアなど自由奔放に旅行していました。
しかし、社会人になり、結婚して、自由に使えるお金も限りがあるし、海外旅行も近場しか行かなくなったので、
もっとお金が欲しいなぁ。と思うようになりました。
例えば、年末年始にヨーロッパ旅行に行こうとすると、もちろん場所にもよりますが、
一人あたり30?50万くらいの費用が必要になります。
私だけでなく、主人と一緒に行きたいので2人の旅費で60?万は必要です。
行けなくはないけれど、本当に使ってしまって良いのか?とかなり考えるようになりました。
実家に住んでいた独身貴族のころは恐らく、迷わずに時間さえあれば旅行に旅立っていたと思います。
今は専業主婦ということもあり、節約や貯金でがんばっている毎日です。
コツコツ500円貯金で旅行積み立てをしていつか必ず、主人と一緒にヨーロッパへ行こうと思います。
また、都心部に住んでいることもあり、住民税が高いので、支払い請求書が届いた時、お金がもっと欲しいなぁと感じます。
まぁ、所得が増えればそれだけ税金も増えはしますが。
住民税くらい痛くもかゆくもないくらいお金が欲しいものです。
もともと、実家は田舎ですので田舎に住んでいたころは住民税は今よりも低価格でした。
都会なのでしかたないのですが、もう少し安くなればなといつも考えております。
あと、私も主人も食べることが大好きですので、行きたい飲食店や食べてみたい物が出てきたときに、
もっとお金が欲しいなぁ。と思います。
外食するとやはり、かなりお金がかかってしまうので結構しぶってしまいます。
上記にも書いておりますが、都会に住んでいるため、外食しようものなら家族2人分で5,000?10,000円以上かかることが多いです。
その外食費の金額(5,000?10,000円)でスーパーでのお買い物した場合、二週間分の食費になります。
具体的に食費に関しては月々プラス10,000円くらいあれば良いなと感じます。
これは毎日の節約をがんばれば行けそうなので、今まさにがんばっております。
他には細かいことですが、独身のころは映画も気ままにレイトーショーですが観に行っていましたが、
結婚してからはもったいない感じがして、DVDレンタルに出るまでに我慢するようになりましたし、
美容品やお洋服もなるべく工夫して、衝動買いしないようになりました。
お菓子やおつまみのような口が寂しい時に食べるもの、ゲーム、漫画という嗜好品も買わなくなりました。
独身時代よりも物欲はないものの、やはり月10,000円くらい今よりもお小遣いが欲しく感じる時があります。