睡眠をお金と考える

あなたは「睡眠環境」にお金をかけていますか?

人間の生活の中で「睡眠」の割合はとても多いものです。
例えば7時間睡眠を取る人は、1日の30%を費やしています。

人間の健康の基礎でもあり、生活を充実させるために「睡眠」は欠かせません。
そして、「睡眠の質」は「生活の質」に直結します。

寝不足は「記憶力・作業効率の低下」を招きます。
夜更かしした翌日は頭が冴えなかったり、思うように仕事がはかどりません。
人生の成功者は「睡眠」にとてもこだわりを持っています。

優秀のビジネスパーソンは総じて「睡眠時間」を重視しています。
残業続きで寝不足などありえません。
毎日充分な睡眠を確保し、仕事の効率を高めてます。

あなたが「睡眠環境」にお金をかけていないのであれば、
それはとてももったいないことです。

枕を買い換えるだけでも、睡眠の質がぐっと上がります。
付き合いの飲み会を一回断り、そのお金で寝具を買いましょう。
その寝具はあなたの睡眠を良くしてくれ、生活の質を向上させます。

私も以前は「睡眠環境」に全くお金をかけていませんでした。
お金の使い道は「愚痴だらけの飲み会・使いもしない家電・気もしない服」につぎ込んでいました。
ただただ、お金を浪費しているだけでした。

三菱東京UFJカードローンの審査が厳しい

特に「無駄な飲み会」ではお金だけではなく、時間も浪費します。
遅くまで飲み、寝る時間も遅くなります。
アルコールも入っているので睡眠の質も低下しています。
翌日の仕事もはかどらずに残業を続けていました。

「このままではいけない」と思い、飲み会を断るようになりました。
浮いたお金でシーツを新調しました。
肌触りが良く、心地よく眠れるものに替えてみると
ぐっすり眠れるようになり、翌日の作業も捗るようになりました。

それまでは1度購入した寝具を長年使っており
買い換えることもなかなかありませんでした。
もっと早く「睡眠環境」に着目するべきだったと感じています。

世の中には「お金を使わせる為の仕掛け」がたくさんあります。
どんどん消費をさせ、経済を回していく為です。
次々に新商品が出て、ついつい「欲しい」と思ってしまいます。
しかし、それらの商品は「本当に必要なもの」なのでしょうか?
新商品を買わなくても、今あるもので生活が送れる場合がほとんどです。

「欲しいから買う」のではなく「必要なものを買う」にシフトしましょう。

気もしない服・読みもしない本を買って浪費している人は
「睡眠環境」にお金を使ってみてはいかがですか?

睡眠は人間の基礎であり、毎日行われる欠かせない行為です。
寝具にお金をかけ、睡眠環境を向上させることは「無駄」ではありません。

服はシーズンごとに購入するのに、寝具はずっと同じのを使っている人も多いです。
「服を着る回数」よりも「布団に入る」回数の方が多いのは明白です。