支払いがいろいろと溜まっているときに全く収入が無い時

支払いがいろいろと溜まっているときに全く収入が無い時

仕事が減ってきて、収入が少ない時に限っていろいろな支払いの明細書が送られてくるのです。
そういう時にいつも思うのは「こういう時に限って収入が少ないのも困りものだな。」と思っています。
ライティングの仕事だけだと収入も少ないので、アルバイトしながら生活をしているのですがそのアルバイトが少ない時に限ってお金が必要になってくるのです。そのアルバイトが日払いであれば何とかできる場合もあるのですが、日払いだけとは限らず銀行振り込みという方法もあるので、そうなると指定の日に振り込まれる仕組みになっているのでその日に引き落としができないということがよくあります。(後日連続で引き落としができる仕組みになっているところもありますが。)
昔はカードローンでその穴埋めをしていたことがありますが、結構な金利でしかも限度額いっぱいまで使ってしまうと利用できないという事態にまで発展するし、ましてや今は総量規制でそう簡単に借りられないということもあり、今はそういうやり方はしていません。
今は収入の中で支払いをしているという状況で、そういう中で仕事量が少なかったり、アルバイトの日数が少なかったりするとダイレクトに収入が少なさを感じ、そういう時に限って支払いの請求書が送られてくると頭の中は支払いのことで頭がいっぱいになってしまいます。
一番いいのはその支払いをなくすことがまず先決ではないかなと思います。無くせるものであれば。
そうすればその分支払いを気にしない生活をすることもできるので、そういう意味ではいい方法かなと思いますが、中にはどうしても支払いが必要なものもありそれとうまく付き合うということも検討していく必要があります。
それと同時に今後の生活として必要以上な生活をしない求めないという考え方をする必要があります。
そうすることによって支払日に困るという生活をしなくてもいいことにもつながるから、気持ちも楽になるのです。
もし、「ローンしてでも」なんていう文言をいってきた人がいたのであればその人とは縁を切る覚悟で過ごす勇気も必要だと感じるようになりました。ここでローンを組んでしまうとまた支払いに追われる生活をしなければいけなくなるし、その人のために苦しい生活を強いられるのかと思うとそれもつらくなるのでそういう人からは素早く逃げる必要があります。
そうすれば支払い地獄を味わうことが少なくなり、余計な支払いをしなくて済むということができるのです。
ただし、年金の支払いや保険の支払いは必要なのでそこは削るつもりはありません。(削ってしまったら将来的に厳しい生活が待っているからです。)
まずは、余計な支払いをなくすことから始める必要があります。

イベントの時期になると毎年考えてしまうこと

イベントの時期になると毎年考えてしまうこと

海外に住んでいるので、イースター・ハロウィン・クリスマスはなかなか大変です。
日本でもクリスマスに家族や友達とプレゼントを交換しあったりすることは普通ですが、こちらでは量が半端ではありません。
パーティーも大小合わせていろんなところに出かけることが多くなります。
招待したり・されたりということになりますから、準備資金もそれなりになるのです。
特にプレゼントは「一人に一つ渡せばいい」というときと「とにかくいろんなものを5個くらい」渡す場合があって簡単にはいかないのです。
私があるときもらったプレゼントは「花束・手袋・化粧水や乳液などの基礎化粧品のセット・チョコレート・ワイン」でした。
もちろんメッセージカード付きです。
これが全部ひとりの人からのクリスマスプレゼントだったのです。
誕生日プレゼントは個人のお祝いなので、いいものをひとつ、というプレゼントになるのですが、イベントはみんなで楽しむものです。
だからプレゼントも余興のひとつみたいで、ワイワイ盛り上がるために「ちょっとしたものを盛り合わせて」贈るのでしょう。
だからイベントの時期になると様々なお店でプレゼント用の品物が販売されます。
女性ならメイクアップ用品のセットだったり男性でも普段使っているデオドラント製品のラインでお手入れ用品が一式セットになったものなどがあります。
これらはセットで割安ですが、やっぱり日本円にすると2000円前後かかります。
もちろんこんなものはほんの一例ですから、贈る相手の年齢・性別・自分との関係(友達・家族・親戚・同僚)に合わせて考えることになります。
結局、自分に近い相手一人の人に対するプレゼントの予算は最低でも2,3000円程度になるのです。
近い相手だと数万円は当然です。
加えてちょっと挨拶する程度の近所の人にも「クリスマスだから」とカードくらいは送ります。
チョコレートやクッキーなどを、1000円程度のものをひと箱添えることもあります。
ということでイベント毎の予算は全部あわせると15万円程度になるでしょうか。
クリスマスとなると最大イベントですから、プレゼントやパーティー(招待したりされたり)で50万ほどかかることになります。
加えて、私個人としてはやっぱり日本の家族にも何か送りたい、実家にまとめて送るとしても送料だけで1万円近くかかります。
だから毎年イベントの時期になると私個人の費用として「後10万円くらいあったらラクなのにな」と考えてしまうのです。
友達が教えてくれた節約方法は「イベント用のプレゼントは早めに用意する」です。
毎年クリスマスなどのイベントが終わると、イベント用のプレゼントとして販売されている化粧品のセットや小物のセットが半額になったりします。
これを「来年用に」買っておけ、というわけです。
カードや包装紙も大幅割引になりますから、これを買うわけです。
おかげで少しは経費節減になりました。
でもやっぱり「10万円程度」のお金があるといいな、と思うのです。

お金があったら防音室が欲しいです、なぜならヘッドフォンで年々耳が痒ーい!夏場暑ーい!

お金があったら防音室が欲しいです、なぜならヘッドフォンで年々耳が痒ーい!夏場暑ーい!

お金があったら立派な防音室が欲しい。そしてそのまま音楽を大きなボリュームで聞いて、最高の贅沢な環境で音楽を聴きたい酒もたくさん飲みたいです。タバコもたくさん買って1カートンで買いたいです最近ひとつずつ買っているので全然吸っても吸っても足りないですもっともっとたくさんのタバコを買いたい、いつもストックしておきたいです。お金があったら何でもできます本当にお金が欲しいですお金がなくて困っています、たくさんのお金を稼ぐためにたくさん稼いでいたいです。お金があったら防音室が欲しいけどお金は全くなく貧乏なので防音室を買う所ではありませんそれが現状です。しかし必ず夢を叶えたいです防音室がどうしても欲しいです。夢ばかり見てと親に怒られますしかし夢を夢で終わらせたのでは何のために生まれてきたのかわかりません。そのためのお金が欲しいですお金お金とお金の事ばっかり考えてると怒られますけどお金がなくても怒られるんですそれならばお金がないことを怒られる前に自分で稼いでどうにかしたいです。貧乏なことを親に叱られます、なので本当にお金が欲しいです。お金があったら何でも出来ます。お金のために少々の苦労は我慢します。全くお金の事考えると胃が痛くなっちゃいますが痛くなるとお金を稼ぐ元気がありません。、お金を稼ぐためには元気でいなければなりません。何よりも健康が大切なのは分かっていますがお金と健康を天秤にかけるとお金が上になってしまう自分が怖いです。健康でいるためにはある程度のスポーツが必要ですスポーツジムにも通いたいです。、お金ことばかり考えて最近防音室を買うためのお金を貯めているので余計な出費を支えています。タバコも本当は控えたいですお酒も本当は控えたいですでも控えるとストレスになるのでストレスを感じないためにもお金がたくさん欲しいです。最近喘息になりました喘息になるとお金かかります病院に行って治療するためのお金です本当にお金ので大変な思いをしています携帯料金も高いです何とかしてお金を稼がないと大変なことになってしまいますそれは分かっているのですが能力が足りないのでお金はある程度稼ぐのは大変なことです。お金お金と機嫌お金のことを考えているのでお金を見るのも嫌になってしまいますけどお金が必要なのです何としても家賃を払っていかなければならないし携帯料金は高いしインターネットの解約契約料も発生していますインターネットを解約しましたインターネットで稼いできたのにインターネットがないと本当に困りますインターネットの恩恵は計り知れないです。今まで聞いていた youtube も聞けなくなるかと思うとぞっとしますでもそれが現実です仕方ありません。

お金が欲しいと思う時!お金が欲しいと思う時いつも とんかつくらい食べたい

お金が欲しいと思う時!お金が欲しいと思う時いつも とんかつくらい食べたい

私はやはり、いつもお金が欲しいと思ってしまいます、なぜなら、本当にいつもお金に困っているからです、いつもいつもお金に困っていると、なんとなく心が荒んで行きます。本当に困ったことない人には分からないと思いますが、いつもいつも困っていると、どうしようもないので、こればかりは仕方がありません。本当に困ってしまうと、どうしようもなくお金欲しいと思ってしまいます。しかし、お金が欲しいと思わなければ、欲しいと思わないように、普通に生活すればいいのです、貧乏だから仕方がない、貧乏だから諦めよう、そのように思えばなんとなく物欲は消えていきます。物欲があるから、お金が欲しいと思ってしまうことが多いです。だけどそれを考えないように何か欲しいもの見つけないように、そういうふうに生きていけばお金のことに対してあまり執着がなくなりますから、執着しないように生きていかなければならないと思います。だけど、お金は支払い毎月の支払いが発生するのでどうしても必要になります。どうしても必要になるので、お金が欲しい時は 何かアルバイトをしています、アルバイトも在宅から外でするものまで様々ですけど、コンビニでアルバイトをしていたことがありました、コンビニでアルバイトをするとお弁当もらえます。今はコンビニで働いていないので自分で弁当買って食べますけど、弁当買う金もない時は本当に 辛いです どうしようもなく弁当を買いたい時はそれだけ在宅勤務でお金を稼いでその分稼ぎが決定してから お弁当を買うようにしています、おにぎりとかカップラーメンとか食べることがほとんどなんですけど、牛丼屋に行くこともあります。牛丼を食べると、なんとなく幸せなんですよね。牛丼食べるぐらいのお金はいつも欲しいなと思います。それは 贅沢でしょうか普通に考えて贅沢とは言えませんよね、生きていくための手段ですから生きていくために牛丼を食べる、いつもやはり自分としては、トンカツを食べられるぐらいのお金は欲しいと思っています。とんかつが食べられるって幸せですよね、私はトンカツが好きなので、とんかつがいつも食べられるぐらいお金は欲しいと思っています。とんかつがなければだめです、とんかつこそ私のパワーの源ですとんかつがあれば私はもう何もいりませんそれこそとんかつでできているような体です。、すごく太っているわけではないですけど貧乏ながらとんかつを食べられる生活が本当に幸せだと感じていますとんかつを食べられるぐらいのお金はいつも良い しておきたいですしかし現実は厳しいです今日もカップラーメンですだからお金がほしいなと思っています もっと頑張って稼がなきゃと思ってやっています。

もっとお金があれば、心に余裕ができて、両親にも、旦那にも、もっと優しくしてあげられるのに!

もっとお金があれば、心に余裕ができて、両親にも、旦那にも、もっと優しくしてあげられるのに!

お金が欲しいと思う時、まさしく今です。
ちょうど昨年の今頃会社を辞めて専業主婦になった私ですが、正直、旦那の給料だけでは自分たちが食べていくだけで精一杯です。会社を辞めた理由は、遠く離れて住んでいる私の両親の世話をしに時々田舎に帰るためでした。私の両親は二人ともすでに80歳を超えており、足腰がかなり不自由になってきています。そのくせ、都会に来て、私たちと一緒に暮らすのは嫌だといいます。住み慣れた街で一生暮らしたいという両親の気持ちも分かるのですが、何しろ、私が時々田舎に帰るためには、時間とお金がかかります。そりゃあ車で20分や30分の距離なら、会社を辞める必要もなかったのでしょうが、うちの実家はとても遠く、また、私が運転免許を持っていないこともあり、田舎に帰るには、電車か高速バスしか手段がないのです。おまけに、うちの田舎までは、高速バスだと片道でも約10時間かかってしまい、料金は約10,000円かかります。電車でも片道で早くて5時間、料金はバスの約14, 000円もかかってしまうのです。時間をとれば、お金がかかるし、お金とれば時間がかかる、本当に田舎って嫌って思ってしまうのです。
どちらにせよ、1回田舎に帰るだけで往復の交通費だけでも最低でも20, 000円以上かかってしまうことになります。おまけに実家は小さいお店(いわゆる田舎の何でも屋さん)をやっていて、帰ったら帰ったで、仕入れに関わるお金など、何かにつけて私が支払わされます。夏に帰った時などは、クーラーが壊れたといって新しいクーラーも買わされましたし、車の税金の滞納をはじめ、色々なお金を滞納しており、そちらも全て私が支払いました。気づいたら、1ヶ月近くいる間に30万円ほどのお金がなくなっていました。本当に情けない話なのですが、私の両親には全く計画性というものがなく、貯金はゼロ。お店はやっているといっても、ただやっているというだけ。収支なんかつけたこともありません。私が毎月仕送りしてはじめて成り立っていた店だったのです。
ですから、私が会社を辞めることによって、その毎月の仕送りが出来なくなるので、これ以上お店を続けられると、私のわずかな退職金が減っていき、底をつくのも時間の問題です。正直なところ、いい加減お店は畳んでほしいと思っています。その意向を伝えても、本人たちは、「私たちが店を辞めると周りの人が困るから」といって、結局店も辞めようとはしてくれません。その癖、「お父さんが最近ちょっとボケだして一人じゃしんどいから、早く帰って来て」とよく電話してくる母。こんな状況なので私もパートにすら出ることも出来ず。とにかく、このままの生活を続けていると、私たち夫婦二人の生活すら脅かされかねません。旦那の蓄えが少しでもあれば、もう少し余裕をもって両親の世話もできるのでしょうが、旦那も安月給で結婚当初の貯金もゼロ。結婚してからも全く貯める気配なし。本当に親にしても、旦那にしてもお金に無頓着で嫌になります。そんなこともあり、特に最近イライラしている私です。もっとお金があれば、心に余裕ができて、両親にも、旦那にも、もっと優しくしてあげられるのになあと思います。「あーお金欲しいなあ」と思う、今日この頃なのです。

お金が欲しいと思うときお金の必要になる場面お金と社会

お金が欲しいと思うときお金の必要になる場面お金と社会

お金が社会での必要を満たすときの条件として、お金が持つ役割が社会的にどんな風にして行う取引関係、社会関係によって成り立つものか考えることができるお金を取り巻く社会理論の関係を考えることができるとおもいます。社会では、お金によって媒介として取引関係によって構築されるそれぞれの経済関係がありますが、社会において行う取引きの実体として、社会が持つ交流の手段としての社会的空間においてそれぞれの方法から考えられる人間関係や、コミュニケーションを成立させるための方法として媒介とする交通の用法をとしての、お金の関係を利用することが必要になります。それぞれ社会的な交通を実現するための方法として、社会にあるそれぞれの関係を成り立つためには、それを充足するための方法としての社会的方法としての、充実した社会組織の形成が必要になります。原始的な段階における取引においてお金の成立を考えることができますが、貨幣を媒介とした取引関係の成立に必要となる社会関係の成立として、お金が持つ効果によってそれぞれのものに関する取引を成立させることは、社会が経済的に発達した社会組織によってそれぞれの場面における取引や、それに基づく生活の手段としての、経済関係を成立させることによって、生産関係を社会的段階において充足した、貨幣によって媒介とした産業社会の成立をすることによる、社会関係の完成を考えることが必要でした。社会においてそれぞれの段階における交通は、それぞれの社会における媒介とさせる要素を、社会的な効用によって成立した社会的交通の手段として、取引関係が持つ実体としての関係を、貨幣経済を媒介とした、社会組織に転化し、価値の完成をすることによる社会関係の実現を成功させることに特徴がありました。貨幣があることによって交通を媒介とする要素の、取引関係が、成立し、社会的な実体としての貨幣に媒介された流通、生産、消費が成立したことに特徴があります。経済社会における取引や、社会交通を実現することは、そのような貨幣などに代表されるお金の機能によって維持された実体的な経済関係を成立させることによって社会が行うとりひき関係や、実体的交通を貨幣としての物質的な交換によって実体化、具現化された貨幣装置としての価値による実現をすることが可能な社会の成立をすることによって成り立ちました。社会装置としての、交通におけるそれぞれの媒体や、その貨幣の維持は、お金の機能を実現するために必要となる組織における交通の関係として、経済組織を維持することによって社会を経済資源によって維持された社会段階へと、移行させ、社会的発達をした、それぞれの新種の人間関係による商業や、経済による交通を可能にした世界の出現をしました。

日々の生活の中で、お金がほしい!と思う瞬間

日々の生活の中で、お金がほしい!と思う瞬間

必死にポイントカードのポイントを貯めたり、クーポンを丁寧に保管しておいたり、コンビニで買うよりも安いためにわざわざ遠くのスーパーに買い出しに行ったり。お金を無駄遣いしないために様々な工夫をしながら、時には好きなものを我慢したりと、使いたいだけ好きなだけお金が使える人はなかなかいないと思います。無駄遣いをせず出来るだけ節約を心がけることはとても大事なことだと思いますが、欲しいものを欲しい時に好きなだけ買いたい、という気持ちは少なからず誰もが持っている気持ちなのではないか、と思います。普段の生活の中で、「お金が欲しい」と思う瞬間をいくつかまとめてみました。
たとえば、海外ドラマや海外セレブのドキュメンタリーなどで、セレブな生活を目の当たりにしたとき。アメリカのニューヨークなどのおしゃれな街で有名ブランドの服やアクセサリーを身につけて思いっきりおしゃれをして歩いていたり、大きな家に住んで家にはお手伝いさんがいたり、はたまた綺麗で広いホテルで生活していたり、迎えの車が大きなリムジンだったり登場人物が綺麗なドレスを着て参加している豪華なパーティーなどのシーンを見ると、こんなセレブな生活が出来るくらいお金持ちになれたらな、と憧れます。
また、雑誌などで海外セレブの生活が特集されている際に、彼らの乗っている高級車や自家用ジェット、土地も広くてプールもあるような豪邸を見ていると、こんな生活ができるのはどんな気分なんだろう、と感じます。
ホストやキャバクラで何百万円もするようなお酒を注文して豪快に飲む、ラスベガスのカジノで思いっきり遊ぶ、また競馬好きなのが高じて馬主になった有名人など、普通の生活をしていたらなかなか手を出すことができない娯楽を目の当たりにすると、そういった遊びを思う存分してみたい、という気持ちになったりもします。
億万長者や海外セレブ、といった世界の話や高級ブランドの服やアクセサリーへの憧れだけれはなく、普段の生活のちょっとした瞬間にも、お金がほしいと思う瞬間は多々あります。エステや化粧品などの美容、また習い事など自分磨きにかけるお金を惜しみたくないし、時には一人旅に思い切って出かけたり、新幹線や飛行機でもいつもよりもワンランク上の席に座りたい、一流ホテルに泊まってワンランク上のサービスを受けたい、友達といつもよりちょっと贅沢なレストランで食事をしたい、日々の生活の中でいつもよりもちょっと贅沢をしたいな、と思う時にも、お金が欲しいと感じます。生活の中で、出来るだけ無駄遣いはしないように心がけることは大切ですが、自分磨きに使うお金を我慢したくないし、時には贅沢をして人生を楽しむために自由に使えるお金が欲しい、と思います。